4月・5月の様子(太陽の里)2017/06/06

新年度になり、太陽の里にも新しい職員が4名入ってきました。仲間たちもウキウキしているようで、「どこから来たの?」「名前は?」と積極的に話しかけたり、少し恥ずかしそうに側に寄り添っている姿があります。
また、4月は桜の季節ということで、仲間たちはお花見やピクニックに出かけたり桜餅を食べたりと、春らしい余暇を満喫しています。そして!来月には『ふれあいのもりまつり』があります。GWはステージで披露するダンスの練習をしたり、横断幕を作る予定です。みんなでおまつりを盛り上げていきたいと思います!

5月14日には、今年も「ふれあいのもりまつり」が開催されました。開催までに、「仲間実行委員会」を何度も開き、まつりのテーマを決めたりステージに張る横断幕や看板を作ったりしました。今回のテーマは『宇宙』です。そのテーマに合わせて今回の横断幕は紺色に染めた布を使用しました。いつもとは違う色が背景になるので、各事業所で使用する絵の具の色に悩んだそうですが、みんなで頭を悩ませながら作った物が当日しっかりとステージを彩ってくれました。
また、当日はみんなが一緒にステージで楽しめる企画として「みんなでダンス」を行ないました。その他にも白岡高校の吹奏楽部や書道部のパフォーマンスがあったり、たくさんの出店も出て、とても盛況のうちにおまつりを終えることができました。ふれあいのもりまつりも今年で6回目となり、すっかり地域に根差したおまつりとなったように思います。ご協力いただいた多くの方に、感謝です!
(太陽の里 星野)