山木 紗良 やまき さら 2018年入職・新卒

Sample Title 9

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

Sample Title 10

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

みぬま福祉会の仕事は、
クリエイティブです。

1984年の創設以来、みぬま福祉会では
さまざまな困難を抱えた人を受け入れてきました。
すべての施設で一貫している想いは
「当たり前の暮らしをつくる」ということ。
仲間と共に、笑ったり泣いたりしながら、
人生を豊かに過ごす場所をつくっています。

福祉は、人と関わる仕事です。
声色や、ささいな表情から気持ちを読み取ったり、
何もせず、ただ仲間の隣に座ったり。
効率を優先し、マニュアルを見ただけでは答えの出ない
とてもクリエイティブな作業だと考えています。
気持ちが通い合うことで、仲間だけでなく、
職員自身も変わっていく。
それこそが、この仕事の醍醐味です。

あなたらしい、クリエイティブな福祉の形を
ぜひ、みぬま福祉会でつくり上げてください。

募集要項

募集内容
正規職員 生活支援員
採用日 令和4年4月1日 ※中途採用につきましては随時ご相談させていただきます。
資格 高卒以上40才まで(キャリア形成のため)
普通自動車運転免許を必須とします(AT限定可、所持していない人は応相談)
待遇
給与 法人規程により支給 定期昇給:有(年1回)、前歴加算:有(同業種8割、異業種5割) 初任給 大卒196,000円~ 短大・専門卒172,000円~ (共に調整手当、特殊業務手当、経験手当、初任給調整手当含む)
賞与 年2回支給(6月、12月) 令和2年度実績:年4.55ヶ月+年度末一時金12万円
諸手当 管理職手当 / 扶養手当(配偶者13,500円、子1人6,500円) / 住居手当(27,000円まで) / 通勤手当(運賃相当額または燃料費) / 特殊勤務手当(早出遅出勤務1回につき250~500円) / 主任手当 / 時間外勤務手当 / 休日勤務手当 / 夜勤手当 / 夜勤従事者手当(3,500円/回) / 処遇改善事業特別手当(年度末一時金)12万円
勤務時間 8時30分~17時15分(勤務地により変則勤務、夜間勤務有)
休暇・休業 有給休暇(20日) / 産前産後の休暇 / 療養休暇 / 特別休暇(慶弔等) / 育児・介護休暇 / 育児・介護休業
休日 日曜日 / 祝祭日 / 夏期休暇 / 年末年始 / 土曜日(月2回) 年間105日
勤務先・勤務体制 勤務先複数あり、採用内定後に決定。勤務先や職種により休日や勤務体制、始業時間等にシフト制および 夜勤業務あり。
社会保険等 社保完備、退職金制度あり
定年等 定年制度あり(定年年齢62歳)、再雇用制度あり(年齢65歳まで)
研修制度 〇〇〇〇〇〇〇研修 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇研修 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇研修 〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

選考の流れ

就職説明会

就職説明会を随時開催しています。

開催日程はこちらの新着情報でご確認ください。

求人の新着情報

履歴書のご提出

履歴書は
下記メールアドレスに送付

または下記住所まで ご郵送、ご持参ください
〒333-0831
埼玉県川口市木曽呂1374番地
社会福祉法人みぬま福祉会
s 法人事務センター 総務部
採用担当宛

求人の新着情報

面接・採用試験

先輩インタビュー

みぬま福祉会では施設利用者を「ともに働き・暮らし・地域をつくる仲間たち」との想いを込め“仲間”と呼んでいます。

山木 紗良 やまき さら 2018年入職・新卒

xxx xxx

勤務地:入所施設「大地」
「大地」は身体障害のある仲間のための暮らしの場。豊かな自然に囲まれた場所にあり、医療的ケアを必要とする仲間たちがおだやかに暮らせるようにという想いの詰まった施設です。
https://minuma-hukushi.com/facilities/daichi/

人と関わる仕事が大好きです!

福祉に興味をもったのは、中学校での職業体験で訪問した高齢者施設で折り紙をしたのがきっかけです。人と関わることが楽しく、仕事にしたいと思うようになりました。みぬま福祉会のいいなと思うところは、職員と仲間の距離の近さです。仲間の「こうしたい、こう生きたい」という希望や主張を聞き取って、向き合いながら介助するようにしています。

やりがいは、仲間に寄り添うこと。

こちらの都合でどうしても仲間の希望を叶えることができないこともあります。そういう瞬間が一番辛いですね。以前、職員の人手が足りない時期に、入浴を週3回から2回に減らさなければならなくなりました。お風呂の時間を楽しみにしている仲間も多くいましたが、納得できない気持ちになかなか寄り添うことができませんでした。できない理由を伝えながら信頼関係を築くことは難しいことですが、同時にやりがいも感じることができた経験です。

温かな場所を、私も作りたい。

ここに来たばかりの頃は新しい環境に緊張していたので、私から喋ることがなかなかできませんでした。しだいに打ち解けることができましたが、それは仲間の方から積極的に話しかけてくれたおかげです。私が温かく受け入れてもらえたお返しに、今度は私が仲間たちも安心して過ごせるような場所づくりをしていきたいと思っています。

中村 亮一 なかむら りょういち 2012年入職・中途

xxx xxx

勤務地:入所施設「はれ」
多くの支援と期待の中、2019年に開所した入所施設。地域生活ができない障害者のための施設ではなく、「この町で暮らしていくための必要な資源」という多くの人の想いが集まって完成しました。
https://minuma-hukushi.com/facilities/hare/

仲間の成長を、一番近くで。

「はれ」は2019年に開所した入所施設です。自宅から通って日中活動を行う通所施設と違って、昼も夜も過ごす日々の暮らしの場所となります。ここでの仕事の魅力は、創作活動と暮らしの両方に携わることができるところでしょうか。日中活動から戻って夜のリラックスする時間の中では、小さな変化やそれぞれの価値観を深く知ることも多く、仲間の成長を一番近くで見ていられるのは嬉しいですね。

コミュニケーションを大切に!

私がここに来てすぐの頃、先輩にとても良くしていただきました。仕事が終わった後、仲間について熱く語り合ったのは良い思い出ですが、最近はこういった時間がとれずコミュニケーション不足を感じることも。福祉の成果は目に見えることだけではありませんので、他の職員と仲間のことを共有する時間はとても貴重だと思っています。

「評価表」で自分の成長も実感。

みぬま福祉会には創設当時から続く「評価票」というものがあります。ここには仲間一人ひとりについて仕事の様子や、情緒、人間関係の変化などが、定期的に記録されています。記録前には職員同士で意見交換が行われますが、実際の文面には担当者視点からの気づきや考えも多く反映されています。これは仲間の成長を記録するための取り組みですが、同時に支援員としての自分の成長も振り返ることができます。仲間と向き合うなかで、自分の仕事を見つめ直すこともでき、みぬまらしい良い取り組みだなと感じています。

大里 裕菜 おおさと ひろな 2018年入職・新卒

xxx xxx

勤務地:通所施設「川口太陽の家」 みぬま福祉会の本部がある「川口太陽の家」は最も規模の大きな通所施設。絵や立体作品だけでなく、ステンドグラスの作品を制作する「ステンド班」があるのも特徴の一つです。
https://minuma-hukushi.com/facilities/kawaguchitaiyou/

ガラスを通じた、仲間との関係。

ステンド班に所属する仲間はベテランが多く、ガラスの扱いに熟練した方ばかりです。私は材料や道具の準備を手伝ったり、おしゃべり好きな仲間の話を聞いたりと、まるで師匠と弟子のような関係。ゆかいな仲間達にやさしく、時にきびしく育ててもらっています。昨年からステンドの作品をオンラインショップで販売するようになり、私はアクセサリーの金具付けなどを担当しているので、売れ行きが気になり休みの日もショップを覗いては一喜一憂しています。

オンラインショップでステンドグラスの作品を販売中!
https://kobosyu.thebase.in/

きっかけは、一本の映画。

きっかけは在学中に出会った教育研究者・大田堯先生のドキュメンタリー映画「かすかな光へ」。映画のワンシーン、大田先生がみぬま福祉会を訪れて仲間の一人とやりとりするのを見て、福祉というよりもみぬま福祉会そのものに興味をもち、「この濃密な空間で、福祉のまなざしを学びたい」と思うようになりました。

3年目の今、もっと学びたい!

人(仲間)との関わりを学ぶことから始まった福祉の仕事。中程度の障害のある仲間達と関わるなかで、例えば買い物をするときの金銭感覚をどのように伝えたらよいだろう、と迷うことも。「私はいつもどんな感覚をもって暮らしているのか」。意外と自分自身を知らないことに気づきました。自分の考えや感覚を仲間と共有することも多く、どこまでが福祉の仕事なのかと難しさを感じる日々です。今年の合言葉は「ちゃんとしなきゃの3年目!」。将来は社会福祉士の資格取得も視野に入れつつ、専門的な勉強も進めていきたいと思っています。

〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇 〇〇〇〇〇〇〇

xxx xxx

xxx

xxx

xxx

xxx

xxx

xxx

xxx

問い合わせ

社会福祉法人みぬま福祉会
法人事務センター 総務部 採用担当

  048-229-6255(月-金 9:00-17:00)

LINEでのお問合せはこちらから
xxx

マイナビからもご応募できます
xxx