太陽の里
障害者支援施設:入所施設・生活介護事業

太陽の里について

1992年4月、5年間にわたる運動により生活施設「太陽の里」が開所しました。太陽の里は、知的な障害を持ち生活の援助や支えを必要としている方が、いっしょに暮らし、働き、さまざまな活動を行っている生活施設です。私たちは、どんな障害を持っていても共に生きる「仲間」として、地域のなかで人としてあたりまえな生活を築いていきたいと思っています。

f01

施設概要

施設名称 太陽の里
施設種別 障害者支援施設(入所)
認可番号 110533351
実施事業 施設入所支援生活介護

短期入所事業

施設長 園部泰由
定員 60名(うち従たる事業所 12名)
設立 1992年4月1日
所在地 〒349-0217 埼玉県白岡市小久喜450番地
アクセス
所在地(従たる事業所) 埼玉県白岡市新白岡3-55-11
電話番号(お問い合わせ先) 0480-93-1101
FAX番号 0480-93-1486

活動内容

はたらく

w01
w02
w03

太陽の里は一人一人が持っている力を発揮できるように、「小さな集団」「同じ仲間・同じ職員」などの配慮をしながら、それぞれの仲間に合ったグループに別れて仕事を行っています。「個別」や「一人で」が強調されることが多い状況ですが、「集団」や「仲間」に目を向けることを大切にしています。6つの仕事の場があり、①さをり織り、絵画、小物など②園芸肥料③野菜づくり④ウエス製品⑤パウンドケーキ⑥環境浄化剤(マイエンザ)、それぞれが作業所のように独自で活動し、製造と販売を通して、さらなる社会参加をめざしています。

くらし

k01
k02
k03

『生活』はその場に生きて活動すること、暮らすこととあります。
太陽の里にはと本棟北、本棟2階、本棟南、新棟北、新棟2階、新棟南の6つのユニットに分かれ、仲間が生活をしています。その中で、見通しを持った暮らし作り、仲間の生活の基盤をつくっていく取り組みなどを行なっています。より家庭的な空間作り、仲間たちが自分たちの生活を自分たちでつくっていけるような、棟ではない『家』を目指した取り組みを行なっています。