後援会からのお知らせ

3/9(土)みぬま福祉会支援コンサート《チケット販売中》

2019年3月9日(土)に川口リリアにて2018年度みぬま福祉会支援コンサートを開催します!
30年以上前から毎年開催しており、1997年からは東京室内管弦楽団の協力のもと37回目を迎えます。

今回も東京室内管弦楽団の皆さまにご協力いただき、指揮には橘直貴さん、そしてテノール歌手の中鉢聡さん、ソプラノ歌手の種谷典子さんをお招きします。
みなさんが聞いたことのある身近な名曲をご紹介し、クラシックの世界を身近に楽しんでいただける公演です。
クラシックコンサートというと敷居が高いと思われる方もいらっしゃいますが、
みぬま福祉会支援コンサートは子供から大人まで、そして障害があってもなくてもみなさんが自由に楽しんでいただけるコンサートです。
ぜひお気軽にご来場ください。

また、これまでの会場である大宮ソニックシティから場所を移し、JR川口駅西口すぐの川口リリアで開催します。
今回の会場ではマイクを一切使わず、生音でオーケストラの音楽とテノール歌手、ソプラノ歌手のお二人の歌声をお届けします。
間近で素晴らしい演奏と歌声を体感していただく貴重な機会ですので、ぜひぜひお誘いあわせのうえご来場ください。



中鉢 聡(テノール)
東京芸術大学卒業。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第11期修了。
1992年ロッシーニ国際オペラコンコルソ入選。平成5年度文化庁芸術家国内研修員。
東京文化会館推薦音楽会オーディション合格。89年、秋田県制作の郷土オペラ「ねぶり流し物語」でデビューを飾る。また95年「椿姫」で藤原歌劇団デビュー。
新国立劇場では開場記念公演「建・TAKERU」に両面少名で出演。以来「椿姫」、「こうもり」、「マノン・レスコー」ほか数多くの公演に出演している。
また、サントリーホールのホールオペラ「ドン・カルロ」、ゲルギエフ指揮/読売日響でのベルリオーズ「レクイエム」等、ソリストとしても活躍。NHK教育TV「愉快なコンサート」へのレギュラー出演や、サッカー国際試合での国歌独唱など、活動は多岐にわたる。
2011年、新作オペラ「高野聖」(池辺晋一郎作曲)、13年「天守物語」(水野修孝作曲)、2014年「白峯(コンサート形式)」(丹波明作曲)に出演。大きな注目を集めた。



種谷 典子(ソプラノ)
広島県出身。
国立音楽大学声楽専修及び同大学院修士課程声楽専攻を首席で卒業。学部卒業時に武岡賞、大学院修了時に最優秀賞を受賞。
第81回読売新人演奏会、宮内庁主催桃華楽堂御前演奏会に出演。
新国立劇場オペラ研修所第16期修了。
平成28年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員(研修地/イタリア・ミラノ、スイス・ルガーノ)。
新国立劇場オペラ研修所公演《ナクソス島のアリアドネ》《なりゆき泥棒》《ドン・パスクワーレ》《フィガロの結婚》に出演。
また文化庁主催《明日を担う音楽家による特別演奏会》にて、東京フィルハーモニー交響楽団と共演。
これまでに菅野宏昭、下原千恵子、Luciana Serraの各氏に師事。
第24回リッカルド・ザンドナイ国際コンクール(2017)に於いて東京メトロポリタンオペラ財団賞を受賞。
第36回ハンスガボア・ベルヴェデーレ国際コンクール(2017)ローマ代表、ロシア・モスクワ本選セミファイナリスト。
二期会会員。



橘 直貴(指揮)
札幌市出身。1988年桐朋学園音楽学部にホルン専攻として入学。1992年同大学卒業後、研究科に進み、1994年より1997年まで同大学の付属機関である指揮教室に在籍。大学卒業後から現在に渡り
ウィーン国立音大助教授である湯浅勇治氏の指揮セミナーに参加、師事。2001年第47回ブザンソン音楽指揮者コンクール・ファイナリストならびに会場内の聴衆による投票にて最優秀である聴衆賞受賞。2007年、第2回バルトーク国際オペラ指揮者コンクール優勝。これまでに、東京交響楽団、東京シティフィル、東京室内管弦楽団他客演。2009年より東京室内管弦楽団のアドヴァイザー兼プリンシバルコンダクターとして活躍中。また、各地のオーケストラ、合唱団やオペラの指揮者として活躍している。



東京室内管弦楽団
1928年創立。80年に及ぶ伝統と多くの実績を持つ代表的な管弦楽団です。主な活動内容は、自主公演(定期公演)をはじめ、TV出演、レコーディング、特別公演などの依頼演奏、教育演奏活動、福祉活動など多岐にわたっている。1968年、日・琉・米親善文化施設として民間のオーケストラとしては戦後初の琉・米公演を行い、1975年、日・比親善公演を行う。当オーケストラの特徴のひとつとして、1980年代後半からゲーム音楽の分野にも積極的に取り組み、ドラクエ音楽の作曲者である、すぎやまこういち氏を指揮者に迎えた「ドラクエ・コンサート」など、様々なゲーム音楽のレコーディングや演奏のほか、近年では現代アニメの分野に於いても活動の幅を広げ、2013年劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」コンサートに出演。いずれも高い評価と支持を得ている。また、紀尾井ホールをはじめとする都内主要のホールにて自主公演を定期的に行っており、「求められる演奏活動」の理念に基づき既成の枠にとらわれないプログラミングと温かく伝統に彩られた音色は、新たに幅広いファン層を広げている。
URL:http://www.tco.or.jp


<みぬま福祉会支援コンサート>
日時:2019年3月9日(土) 14:00開場 15:00開演
場所:川口リリア メインホール(JR川口駅西口正面/大宮駅から川口駅までは京浜東北線で20分)
会場住所:埼玉県川口市川口3-1-1 https://www.lilia.or.jp/

★チケット指定席★
5,000円(当日5,500円)
★チケット自由席★
一 般 4,000円(当日4,500円)
障害者 3,000円(当日3,500円)
子ども 3,000円(当日3,500円)※4歳以上小学生まで。

【チケットお問い合わせ】コンサート実行委員会事務局 埼玉県川口市木曽呂1374 「川口太陽の家内」 TEL048-294-0955(担当 星原)受付時間10:00-16:00
※チケットぴあでもお取り扱いいたします。 TEL0570-02-9999  http://t.pia.jp/ Pコード129-208


このコンサートは当法人と障害者福祉について、多くの方々に理解を深めていただくことを目的としています。
そして障害があってもなくても、みんなで一緒に楽しむことのできるコンサートを目指しています。
コンサートの収益は、新たな障害者の暮らしの場づくりなどの将来構想のために活用させていただきます。
皆さまのご支援、ご協力をお願い致します。


みぬま福祉会支援コンサートチケット販売開始しました

2019年3月9日(土)に川口リリアにて開催する2018年度みぬま福祉会支援コンサートのチケット販売が始まりました。

今回も東京室内管弦楽団の皆さまにご協力いただき、指揮には橘直貴さん、そしてテノール歌手の中鉢聡さん、ソプラノ歌手の種谷典子さんをお招きします。

このコンサートは当法人と障害者福祉について、多くの方々に理解を深めていただくことを目的としています。そして障害があってもなくても、みんなで一緒に楽しむことのできるコンサートを目指しています。コンサートの収益は、新たな障害者の暮らしの場づくりなどの将来構想のために活用させていただきます。皆さまのご支援、ご協力をお願い致します。

チケット問い合わせ時間は10時から16時となります。
ぜひぜひお誘いあわせのうえ、ご来場ください♪

<みぬま福祉会支援コンサート>
日時:2019年3月9日(土) 14:00開場 15:00開演
場所:川口リリア メインホール(JR川口駅西口正面/大宮駅から川口駅までは京浜東北線で20分)
会場住所:埼玉県川口市川口3-1-1 https://www.lilia.or.jp/

★チケット指定席★
5,000円(当日5,500円)
★チケット自由席★
一 般 4,000円(当日4,500円)
障害者 3,000円(当日3,500円)
子ども 3,000円(当日3,500円)※4歳以上小学生まで。

【チケットお問い合わせ】コンサート実行委員会事務局 埼玉県川口市木曽呂1374 「川口太陽の家内」 TEL048-294-0955(担当 星原)受付時間10:00-16:00
※チケットぴあでもお取り扱いいたします。 TEL0570-02-9999  http://t.pia.jp/ Pコード129-208


2019年3月9日(土)みぬま福祉会支援コンサートを開催します!

2019年3月9日(土)に川口リリアにて、2018年度みぬま福祉会支援コンサートを開催します!
今年度は、例年と異なり3月に開催します。また、会場を新たに、JR川口駅最寄りの『川口リリア』にて開催します。
今回も東京室内管弦楽団の皆さまにご協力いただき、指揮には橘直貴さん、そしてテノール歌手の中鉢聡さん、ソプラノ歌手の種谷典子さんをお招きします。

このコンサートは当法人と障害者福祉について、多くの方々に理解を深めていただくことを目的としています。そして障害があってもなくても、みんなで一緒に楽しむことのできるコンサートを目指しています。コンサートの収益は、新たな障害者の暮らしの場づくりなどの将来構想のために活用させていただきます。皆さまのご支援、ご協力をお願い致します。

チケット一般販売は11月1日(木)となります。受付時間は10時から16時です。
ぜひぜひお誘いあわせのうえ、ご来場ください♪

<みぬま福祉会支援コンサート>
日時:2019年3月9日(土) 14:00開場 15:00開演
場所:川口リリア メインホール(JR川口駅西口正面/大宮駅から川口駅までは京浜東北線で20分)
会場住所:埼玉県川口市川口3-1-1 https://www.lilia.or.jp/

★チケット指定席★
5,000円(当日5,500円)
★チケット自由席★
一 般 4,000円(当日4,500円)
障害者 3,000円(当日3,500円)
子ども 3,000円(当日3,500円)※4歳以上小学生まで。
【チケットお問い合わせ】コンサート実行委員会事務局 埼玉県川口市木曽呂1374 「川口太陽の家内」 TEL048-294-0955(担当 星原)受付時間10:00-16:00
※チケットぴあでもお取り扱いいたします。 TEL0570-02-9999  http://t.pia.jp/ Pコード129-208


8/31 ドキュメンタリー映画「かすかな光へ」上映と交流のつどい

8月31日(金)にドキュメンタリー映画「かすかな光へ」上映と交流のつどいを開催します。

時代の流れとともに、人、地域、社会…などのつながりが希薄になり、“きずな”の大切さが再考される中、そして、3.11震災後には多くの方が生き方を見つめなおしている今、戦前戦後を通して日本の社会と人間を見つめ、教育のあり方を問いつづけてきた教育研究者である大田堯さんの姿を通して未来をみつめる映画です。また、工房集との交流も映されています。

ドキュメンタリー映画「かすかな光へ」
製作・著作:ひとなるグループ/監督:森康行/音楽:林光/詩:「かすかな光へ」作・朗読 谷川俊太郎/ナレーション:山根基世/朗読:津嘉山正種ほか/ 撮影:西島房宏、前川光生、川越道彦、野間健、梅林國男/編集:古賀陽一/音響効果:八重樫健二/録音:東京テレビセンター 宮澤二郎、深山郁磨 /2011年/84分/DV/4:3/カラー/日本/ドキュメンタリー/配給:ウッキー・プロダクション
映画の詳細はこちらをご覧ください。http://kasuka-hikari.com/

ぜひお誘いあわせのうえ、ご来場ください。

・・・・・・・・・・

ドキュメンタリー映画「かすかな光へ」上映と交流のつどい

[開催日] 2018年8月31日(金)

[プログラム]
10:30~12:00 第1回上映
終了後 交流(映画にゆかりのある方のお話)
18:30~20:00 第2回上映
終了後 交流(映画にゆかりのある方のお話)
[会 場]
埼玉県障害者交流センター ホール
さいたま市浦和区大原3-10-1 TEL.048-834-2222

[参加費・資料代](事前予約制)
●一般 1,000円
●小・中・高生 500円
●障害者 500円、付添者1名 500円 ●幼児無料
[お申込み・お問い合わせ]
みぬま福祉会後援会 担当:星原
TEL.048-294-0955
FAX.048-294-4458


第38回みぬま福祉会後援会総会が開催されました

6月6日(水)に障害者交流センターにて第38回みぬま福祉会後援会総会が開催されました。当日は、約150名の参加があり、2017年度活動報告・2018年度活動計画案報告などのすべての議案が承認されました。

午後には特別報告として暮らしの場準備会の報告も行われました。

担当の職員からは、これまでの進捗状況や建物の3D画像を上映があり、

暮らしの場の仲間部会からは、仲間自身の願いが堂々と発表され、

暮らしの場への思いを伝えてもらいました。

これから暮らしの場をつくっていこうという意気込みが感じられるとてもいい報告でした。

毎年恒例の職員の永年勤続表彰では、勤続10年・20年・30年の職員が計10名表彰され、仲間からのお祝いの言葉や花束贈呈もあり、みぬまの仲間に支えられ今の自分があると挨拶される職員の言葉を受けとても温かい時間となりました。

また、これまで3期6年の間後援会長を務められた足立早苗後援会会長が今回の総会をもって退任され、新後援会会長に廣川真弓さんが就任されました。

これからも、みぬまの力をさらに外部へ向けていき、様々な方々とつながり合いながら、運動を進めていきたいと思います。


輝け太陽181号が発行されました!

「輝け太陽」181号(2018年5月20日)が発行されました!新入所者と新任職員の紹介、埼玉県民連絡協議会総会の報告や暮らしの場中身づくり部会などについて、今回も盛り沢山の内容となっております!

一部ですが、各事業所の取り組みを紹介するコーナー「おひさま通信」をホームページ内で抜粋してご紹介しております。
こちらをご覧ください。⇒http://minuma-hukushi.com/about/#ohisama

広報紙の「輝け太陽」は、みぬま福祉会後援会の広報委員で年6回発行しており、

毎回、法人、各事業所の取り組みや後援会活動報告を12ページにわたり紹介しており、
みぬま福祉会を支えて下さる後援会に加入された方にお送りしています。

読んでみたい!という方は、ぜひ後援会へご加入ください!

みなさまのご参加をお待ちしています。

詳細はこちらをご覧ください。

後援会について http://minuma-hukushi.com/support/

入会のご案内はこちらをご覧ください。http://minuma-hukushi.com/wp/wp-content/uploads/2017/10/application_2017.pdf

 

また、176号から180号も発行されています。

176号(2017年7月20日)

177号(2017年9月20日)

178号(2017年11月20日)

179号(2018年1月20日)

180号(2018年3月20日)

 

 


みぬま福祉会支援コンサートのチケット販売中です

今年で38回目となります、みぬま福祉会支援コンサートがいよいよ1月20日(土)大宮ソニックシティ大ホールにて行われます。

今回も東京室内管弦楽団の皆さまにご協力いただき、指揮には橘直貴さん、歌手のはいだしょうこさん、アコーディオンの桑山哲也さんをお迎えしてのコンサートです。

実行委員会一同、皆様に楽しんでいただける企画になるよう準備を進めてまいりました。

チケットを発売中です。ぜひ、この機会にご来場ください。

 

<みぬま福祉会支援コンサート>

日時:2018年1月20日(土) 14:00開場 15:00開演

場所:大宮ソニックシティ 大ホール(JR大宮駅西口より徒歩3分)

埼玉県さいたま市大宮区桜木町1-7-5 https://www.sonic-city.or.jp/

 

★チケット指定席★

5,000円(当日5,500円)

★チケット自由席★

一 般 4,000円(当日4,500円)

障害者 3,000円(当日3,500円)

子ども 3,000円(当日3,500円)※4歳以上小学生まで

※前列は車椅子席です。

 

【チケットお問い合わせ先】チケットぴあ TEL0570-02-9999  http://t.pia.jp/ Pコード342-143

【コンサートお問い合わせ】コンサート実行委員会事務局 埼玉県川口市木曽呂1374 「川口太陽の家内」 TEL048-294-0955(担当 星原)


コンサートチケット販売日

みぬま福祉会支援コンサート
コンサートチケット販売のお知らせです。
2017年9月28日(木)10:00~16:00 電話受付を開始します
問い合わせ 048-294-0955 「川口太陽の家」内です。
電話のお掛け間違いのないようによろしくお願い致します。


第37回みぬま福祉会後援会総会が開催されました。

 

6月7日(水)に障害者交流センターにて第37回みぬま福祉会後援会総会が開催されました。

148名の参加があり、2016年度活動報告・2017年度活動計画案報告などのすべての議案が承認されました。

 

また、暮らしの場準備会の報告も行われ、

これまでの進捗状況や仲間たちの暮らしの場への思いを共有でき、

これから暮らしの場をつくっていこうという意気込みが感じられる報告でした。

職員の永年勤続表彰では勤続10年・20年の職員が表彰され、

仲間からのお祝いの言葉や花束贈呈もあり、とても温かい時間となりました!

昨年取り組んだ30周年の到達点の上に立った記念すべき総会となり、

関わって下さった皆様に感謝致します。

 

 

 


広報紙「輝け太陽」の第175号が発行されました!

みぬま福祉会の広報紙「輝け太陽」の第175号が発行されました。

新入所者と新任職員の紹介、

暮らしの場準備会全体会について、

みぬま福祉会実践検討集会の報告など、

今回も盛り沢山の内容となっております!

 

広報紙の「輝け太陽」は、みぬま福祉会後援会の広報委員で年6回発行しており、

毎回、法人、各事業所の取り組みや後援会活動報告を12ページにわたり紹介しており、
みぬま福祉会を支えて下さる後援会に加入された方にお送りしています。

読んでみたい!という方は、ぜひ後援会へご加入ください!

みなさまのご参加をお待ちしています。

詳細はこちらをご覧ください。

後援会について

後援会入会のご案内

  http://portsub.heteml.jp/minuma/wp-content/uploads/2015/12/application.pdf


広報紙「輝け太陽」の第174号が発行されました!

みぬま福祉会の広報紙「輝け太陽」の第174号が発行されました。

みぬま福祉会後援会30周年記念のつどいについて、

「暮らしの場」を考える県南地区学習会報告、

作品展や成人・還暦・古希を祝う会の写真など、

今回も盛り沢山の内容となっております!

 

広報紙の「輝け太陽」は、みぬま福祉会後援会の広報委員で年6回発行しており、

毎回、法人、各事業所の取り組みや後援会活動報告を12ページにわたり紹介しており、
みぬま福祉会を支えて下さる後援会に加入された方にお送りしています。

読んでみたい!という方は、ぜひ後援会へご加入ください!

みなさまのご参加をお待ちしています。

詳細はこちらをご覧ください。

後援会について

後援会について

後援会入会のご案内

  http://portsub.heteml.jp/minuma/wp-content/uploads/2015/12/application.pdf