みぬま福祉会からのお知らせ

展覧会のお知らせ

展覧会のお知らせです!
マキイマサルファインアーツ企画の「Gallery Selection」に大倉史子さん、尾崎翔悟さんが出展します!
出展のきっかけになったのは、4月に開催した10名の作家による展覧会「超継続・風がふいている-風を起こした作家たちの今」。継続することで生まれる表現のエネルギーが訪れた方々に伝わり、たくさんの反響がありました。
今回はその中から2名の作家が参加します。
6月11日(土)までですので、ぜひ足をお運びください。

尾崎翔悟「オリジナルバージョン」

————————————————————————————————
Gallery Selection
日時: 2016年5月25日(水)~6月11日(土)月・火曜 休
会場:マキイマサルファインアーツ
〒111- 0053 東京都台東区浅草橋1-7-7
Tel&Fax : 03-3865-2211
出展作家:
大倉史子(工房集)  Fumiko OKURA(KOBO-SYU)
尾崎翔悟(工房集)  Shogo OZAKI(KOBO-SYU)
加藤真史        Masashi KATO
佐藤譲二 Joji SATO
佐藤 希 Nozomi SATO
篠原敬典 Takanori SHINOHARA
詳細はこちら
http://mmfa.exblog.jp/


みぬま福祉会のパンフレットが誕生しました!

IMG_1364

IMG_1361

 

みぬま福祉会のパンフレットが誕生しました!

このパンフレットはみぬま福祉会30周年の節目に制作を始めました。

みぬま福祉会をどう紹介するかという話し合いの末、みんなの歩みの中で見つけ出し、大事にしようと積み上げてきたことをまとめることにしました。

障害がある人たちの暮らしや労働の中で発見した価値が、社会の価値として、社会のあり方に影響を与えるものになることを願っています。

編集にあたっては美術家の中津川浩章さんにご協力いただきました。

また、英訳は立教大学教育研究コーディネーターの佐藤真実子さんにご協力いただきました。

そして、今回もみぬま福祉会のホームページとチラシを手掛けていただいたPORTさんに統一感のあるデザインに仕上げていただきました。

A5サイズ、26頁にみぬま福祉会が大切にしている言葉がぎゅっとつまっています!

全頁はこちらからご覧いただけます。

http://minuma-hukushi.com/wp/wp-content/uploads/2016/05/minumahukushikai_pamphlet.pdf

 

より深く知りたい方は、「みぬまのチカラ」をぜひご覧ください!

「みぬまのチカラ」 みぬま福祉会30周年記念刊行委員会 著  全障研出版部発行
第一部 みぬま福祉会の歩み
第二部 働く/暮らし/障害と発達に視点をあてて/人生に寄りそう支援/
仲間の力を未来をつくる力に
第三部 座談会 白石恵理子(滋賀大学) 峰島厚(立命館大学) 中村尚子(立正大学)
定価2,200円(+税)

詳細はこちらをご覧ください。

http://kobo-syu.blogspot.jp/2014/08/blog-post_25.html


みぬま福祉会のチラシがリニューアルされました!

みぬま福祉会のチラシが新しくなりました!

ホームページを手掛けていただいたPORTさん(http://port.vc/design/)に依頼し、

統一感のあるデザインに仕上げていただきました!

爽やかな色合いのなかに、みぬま福祉会が大切にしている言葉がちりばめられています。

r07

r07


工房集ニュース 更新しました

パンとお菓子のお店「hare bare」のリーフレットに尾崎翔悟さんのイラストが使用されました!

http://kobo-syu.blogspot.jp/2016/05/blog-post.html

2016/5/9更新