各施設からのお知らせ

川口太陽の家


川口太陽の家について

社会福祉法人みぬま福祉会は1984年無認可作業所として5名の仲間で始まりました。その後法人化し、1986年4月に知的障害者通所更生施設「川口太陽の家」を開所しました。一人ひとりが当たり前に生きていくために、どんなに重い障害があっても「働くことは権利」だと位置付け、一人ひとりにあった労働を模索し続けてきました。当初は缶プレスやウエス(機械の油拭き用布)作りの仕事が主流でしたが、現在は絵画、織り、ステンドグラスなどの表現活動へと幅が広がっています。2002年4月には従たる事業所として川口太陽の家・工房集を開所。今では、合わせて57名程の仲間たちが通っています。30年近く経った建物は、老朽化が激しく、働く仲間たちも増えたことも踏まえて、2015年7月に施設の増改築工事を行い2016年には新しい建物での活動が始まります。
川口太陽の家(じゅうに班・サンだいち班・あおぞら班・きらっと班)、川口太陽の家・工房集(めーべ班)は一体運営を行なっています。
f01

施設概要

施設名称 川口太陽の家
施設種別 障害福祉サービス事業:生活介護
認可番号 1110200167
実地事業 生活介護
施設長 篠﨑 秀一 /副施設長:高橋 実
定員(主たる事業) 30名
定員(従たる事業) 19名  合計49名
設立 1986年4月
主たる所在地 川口太陽の家:埼玉県川口市木曽呂1374
従たる所在地 工房集:埼玉県川口市木曽呂1445
アクセス(川口太陽の家)
アクセス(工房集)
電話番号(お問い合わせ先) 川口太陽の家 048-294-0955
川口太陽の家・工房集 048-290-7355
FAX番号 川口太陽の家 048-294-4458
川口太陽の家・工房集 048-290-7356

活動内容

はたらく

w01
w02
w03
じゅうに班(川口太陽の家)

重度重複の仲間も含め車椅子の仲間が12人でスタート。班の名前は12人の仲間でいろいろみんなで自由にやっていこうと「12人」と「自由に」をかけて“じゅうに”という名前になりました。今は10人の仲間たちが手織り・絵画・木工などの表現活動行なっています。中でも‘ニギリ’は特徴的な作品になっています。時には泣いたり、怒ったり、喜んだり、 皆で声を揃えて励ましあったりと、とにかくみんなでひとつのことを たくさんの思いを込めて作り出していく「みんなで!」を大切にしている班です。

サンだいち班(川口太陽の家)

「オゥ!」と元気に挨拶をしてくれる仲間、職員の顔を見て「ニヤッ」と微笑む仲間。 朝から作業室は大賑わいです。元気で活発な仲間・職員が在籍している「サンだいち」。ウエス仕事は古着やシーツなどを使い、工場で使う油取りの布を作っています。ハサミを使ってジョキジョキと古着やタオルを切る。しっかりと手でシーツを握りビリビリと裂く。仕事をしている仲間たちの真剣な表情、是非皆さんにも見て頂きたいです。ウエス仕事以外にも表現活動にも取り組んでいます。今までなかなか表現活動に参加できなかった仲間も次第に興味を持つようになり、何かしらの表現活動をするようになった仲間が増えていて、それぞれに合ったやり方で自分を表現しています。

あおぞら班(川口太陽の家)

「あおぞら」は、ステンドグラスでの作品作りを仕事にしています。あおぞらの仲間達が作りだすステンドグラスの作品は、既定の枠にとらわれず、自由な発想の元に制作されている。その作品たちは、たくさんの工程を得て、思い思いの色や形をつなぎ合わせて、彼らの“その時”の瞬間が表現されています。パネルの平面作品、らせん状のオブジェやゴツゴツした巨大なランプ、ガラスを正円にしたガラスコインのアクセサリーなど、それぞれの仲間が創り出す作品には他に一つとして同じものはありません。明るい作業室には、作品に向かう仲間の真剣なまなざしや、作品が出来上がった時の仲間の嬉しそうな笑顔があります。

きらっと班(川口太陽の家)

きらっとでは、仕事として『絵画』『切り絵』『立体作品』『書』などの表現活動に取り組んでいます。
仲間1人ひとりに合わせた作品作りを考え、可能性を探る、できあがった作品の生かし方を考える、創り上げた作品を社会に広めることに努める この3つを大切にしています。
仲間たちは作品作りを通して、一緒にいる仲間たちのことを意識して、相手を思いやり、お互いが協力し合えるような姿があります。
また、仕事中は真剣でありながら、どこか和やかな雰囲気をいっぱいもっています。

めーべ班(工房集)

表現活動を仕事にした先駆的グループ。どんな作業にも参加しようとしない一人の仲間が絵を描くことが好きだったことをきっかけに、これを仕事にするしかないという小さな発想が生まれました。本人の好きな事、興味がある事、自分らしく個々の個性が活きることを、寄り添いながら探っています。仲間たちが生み出す作品を通して、もっと彼らを知ってほしい、伝えたい、障害者福祉に風を起こそうという思いで「めーべ」と名付けました。(風の谷のナウシカに出てくるナウシカが乗っている飛行機が「メーヴェ」。メーヴェがないと風が起きないのです。)

工房集

くらし

k01
k02
k03

自治活動・クラブ・旅行を班の枠を超えて全体の取り組みとして行なっています。自治活動では、「自分で考える」から「自分たちで考える」視点を大切に取り組んでいます。各班より代表者が集まり、生活全般を考える「太陽青年隊」と仕事やお給料のことを考える「仕事委員会」に分かれて活動しています。土曜日は普段の班単位の活動ではなく、班の垣根を越えて、クラブ活動として太鼓やスポーツ、ドライブ、DVD鑑賞など楽しむ活動をしています。
旅行は年に1回、5つのコース(一泊旅行3コース、日帰り旅行2コース)から希望を聞いて、自分の行きたい旅行に行っています。


アトリエ 輪

アトリエ輪について (休所中)

2015年4月より、アトリ輪が開所しました。

アトリエ輪では、日々の仕事として、『絵画』『切り絵』『立体作品』『書』などの表現活動に取り組んでいます。明るくあたたかい太陽の光が入る作業室で、仲間は作品作りの意欲を高め、伸び伸びと作品づくりに打ち込んでいます。作品はそれぞれが独創的で印象に残るものです。誰もが真剣な表情で作品作りに向き合っていて、できあがる作品の一つひとつに想いがこめられています。
そうした作品の数々が、各作品展に展示されて大きな評価につながったり、グッズに加工されたりして広く社会に知られることになってきています。

『アトリエ輪』という名前には、これからも自分たちの作品を作り続けていく中で、たくさんの人たちと出会い、つながっていくという意味が込められています。

f01

施設概要

施設名称 アトリエ輪
施設種別 障害福祉サービス事業:生活介護
認可番号 1110201884
実地事業 生活介護
施設長 篠崎 秀一
定員(主たる事業) 20名
設立 2015年4月(旧浦和太陽の家は1990年4月)
主たる所在地 333-0831 埼玉県川口市木曽呂89-4
アクセス
電話番号(お問い合わせ先) 048-299-9156
FAX番号 048-299-9157

活動内容

はたらく

w01
w02
w03

アトリエ輪では、仕事として『絵画』『切り絵』『立体作品』『書』などの表現活動に取り組んでいます。大切にしていることは次の点です。
*仲間1人ひとりに合わせた作品作りを考え、可能性を探っています。
*できあがった作品の生かし方を考えています。
*創り上げた作品を社会に広めることに努めています。

仲間たちは作品作りを通して、一緒にいる仲間たちのことを意識して、相手を思いやり、お互いが協力し合えるような姿があります。
また、仕事中は真剣でありながら、どこか和やかな雰囲気をいっぱいもっています。

くらし

川口太陽の家と一緒です。


大宮太陽の家

大宮太陽の家について

1992年、旧大宮太陽の家の閉鎖以降、みぬま福祉会に大宮地域の拠点がなくなりました。

しかし太陽の家入所希望者も年々増える中、拠点作りの希望は根強くあり、2001年養護学校卒業後の進路の場として「みぬま福祉会の施設をぜひ大宮地域に」「大宮太陽の家を再び作ろう」との要求が「大宮すすめる会」からあがり、養護学校の保護者を中心に呼びかけを行い、新たな施設作り運動を進めるために「卒後の進路を考える会」が組織され、取り組みが始まりました。

こうした大宮太陽の家づくり運動を経て、2004年4月大宮区北袋町に「大宮太陽の家」が開所となりました。

※2012年4月1日より、『心身障害者地域デイケア施設 大宮太陽の家』から、事業移行で『障害福祉サービス事業(生活介護) 大宮太陽の家』となりました。

f01

施設概要

施設名称 大宮太陽の家
施設種別 障害福祉サービス事業 生活介護
事業所番号 1116504505
実施事業 生活介護
施設長 髙橋 守
定員(主たる事業) 14名
定員(従たる事業) 6名  計20名
設立 心身障害者地域デイケア施設の設立は2004年4月1日

障害福祉サービス事業への移行は2012年4月1日

主たる所在地 さいたま市大宮区北袋町2-394-2
従たる所在地 さいたま市緑区宮本1-3-6
アクセス(主たる所在地)
アクセス(従たる所在地)
電話番号(お問い合わせ先) 048-650-7671
FAX番号 048-650-7672
s01
s02

活動内容

はたらく

w01
w02
w03

大宮太陽の家では、「くろーばー班」と「ふらわー班」の2班に分かれて仕事をしています。

「くろーばー班」は、大宮太陽の家が開所以来続けているパウンドケーキや、グリッシーニ(イタリアで生まれたクラッカーのような食感の スティック状の細長いパン)等の焼き菓子を製造、販売しています。職員よりもお菓子作りの経験の長い仲間もいて、みんなで協力し合って美味しい焼き菓子作りに取り組んでいます。イベントの多い時期には作る量も増えて大変ですが「これが今月のお給料になるんだ」と励まし合って頑張っています。

「ふらわー班」は、さをり織りや絵画、また、ビーズや毛糸などを使ったアクセサリーや手作り小物などを制作し販売も行っております。個々の仲間が思いおもい作品を、自分のペースで制作し、その結果として作品展にも数多く選出され、評価されております。

2班とも元気な若い仲間たちの集まりです。ぜひその笑顔に会いに来ませんか。

くらし

k01
k02
k03

仕事以外では、自分たちのくらしを自分たちでつくるために3つの役割の委員会があります。

文化委員会では、各月の仲間の誕生会や初詣、七夕、節分などの季節を感じられる取り組みや、年3回行われる打ち上げ会など、イベントの企画や計画、実施を行なっております。

生活委員会では、昼食時のお味噌汁の1週間のメニュー決めや具材の買い出しなどを担当しています。お味噌汁は毎日ボランティアさんと一緒に作っています。また、最近ではプランターですが、ナスやサツマイモなどの野菜を育てることから始め、収穫も体験。おいしくいただいております。

給料委員会では、毎月のお給料やボーナスの準備を行なっております。銀行に行って売り上げ金を入金したり、お給料や材料代を下して来たり、給料袋に明細やお金を入れたりと細かい仕事になりますが、打ち上げなどでお給料を使うのは仲間の大きな楽しみになっていますので、頑張っています。

このほか、仲間の自治会として「絆の会」があります。仲間の代表として選ばれ、皆の想いをまとめたり、代表して意見を発言することを役割としております。ボーナス金額の交渉や一泊旅行の下見、他の施設の自治活動の様子の見学などの取り組みも行なっています。


白岡太陽の家 にじ

白岡太陽の家にじについて

2004年4月、みぬま福祉会の生活ホーム「サンライズ」(現在はグループホーム)で暮らす仲間と地域の仲間の働き活動する場として、白岡市小久喜に10人が通う小さな施設を開設しました。その後、建物の老朽化や手狭になったこと、地域からの新たな利用要望などから、2012年4月に白岡市西2丁目に移転新築し、定員20人の新たに障害福祉サービス事業所として活動を始めました。
静かな住宅地の中にあるにじは元荒川と桜並木に面しており、川向こうには蓮田市立体育館と田んぼと畑が広がっています。春は満開の桜と菜の花、緑深き夏の並木は蝉しぐれ、紅黄に染まる樹木と散策の秋、木枯らしと舞い散る落葉を運ぶ冬の川面。にじは四季を感じるところです。
f01

施設概要

施設名称 白岡太陽の家にじ
施設種別 障害福祉サービス事業 生活介護
認可番号 埼玉県指定 第1110566757号
実施事業 生活介護
施設長 澤田 透
定員 20名
設立 2004年4月1日 埼玉県心身障害者地域デイケア事業(定員10名)として開設
2012年4月1日 障害福祉サービス事業所(定員20名)に事業移行
所在地 〒349-0205 埼玉県白岡市西2-18-6
アクセス
電話番号(お問い合わせ先) 0480-92-7686
FAX番号 0480-31-7824

活動内容

はたらく

w01
w02
w03

にじの仕事は、「米粉入りレアチーズケーキ」「クッキーバー」などの洋菓子製造と販売です。調理室で「洋菓子製造」、2つの作業室で「包装ケースラベル貼り・パッケージ・納品用紙袋の作製」「受注と出張販売交渉の営業、にじ店舗で「店頭販売と接客」、施設外の「定期販売先の出張販売」「得意先へ定期納品」「原材料の購入」などを行っています。
昨年からは洋菓子原材料づくりも始め、市内の柴山沼近くで「ブルーベリー栽培」と「野菜の栽培と店頭販売」も行っています。
夏と冬のボーナスは、にじの会(仲間自治会)で決めた目標額をめざして、洋菓子製造、営業活動、販売のすべてに力が入ります。

くらし

k01
k02
k03

春は満開の桜並木と「にじ桜まつり」。3月最終の金・土曜日は仲間・家族・職員が一年の中で一番忙しい2日間となります。
夏は仲間自治会「にじの会」役員選挙。選挙が近づく7月、仲間は選挙の話題で持ちきり。立候補受付、公約づくり、ポスター用写真撮影、立ち会い演説会、投票と、仲間たちの真剣勝負のあつい季節がやってきます。
秋は一泊旅行。元気で若い20歳代の仲間、働き盛りの30~40歳代の仲間、深みを増す生き方の60~70歳の大先輩仲間。にじの仲間集団は幅が広く、一泊旅行は各世代に配慮した楽しい取り組みです。
冬は「鍋もの交流会」。みぬまの他施設の仲間と身も心も暖まる交流を深めています。
そのほか、「白岡ふれあいのもりまつり」「夏休み自由参加の旅」「土曜仲間活動日」など、にじの定番になっている行事や活動がたくさんあります。


蓮田はすの実作業所

蓮田はすの実作業所について

蓮田はすの実作業所は1999年(平成11年)4月に蓮田市が市内設置したに2つ目の施設です。
2005年(平成17年)4月に指定管理者制度により、(福)みぬま福祉会が蓮田市より委託運営していました。2012年4月1日より、『心身障害者地域デイケア施設 蓮田はすの実作業所』から、法律の変更での事業移行で『障害福祉サービス事業(生活介護) 蓮田はすの実作業所』となりました。それに伴い、蓮田市の指定管理から、土地や建物を蓮田市から貸与され、独自運営となりました。
それぞれの立場や役割が対等であること、人権が尊重されることを原則とし、障害のある本人の発言を援助するとともに、代弁者としての発言の最大限の尊重を基本とし、一人一人の仲間が、自分らしく豊かに暮らしていけることを目指しています。
現在、蓮田はすの実作業所では想楽班(サンサングループ・ニコニコグループ) 和香班(たんぽぽグループ・さくらグループ)の2つの 班にわかれて活動をしています。 名前やグループの名前は仲間たちで話し合って決めました。

施設概要

施設名称 蓮田はすの実作業所
施設種別 障害福祉サービス事業 生活介護
認可番号 1115700161
実施事業 生活介護
施設長 大熊恭之
定員 20名
設立 1999年4月 埼玉県地域デイケア事業として設立
2012年4月 障害福祉サービス事業として事業移行
主たる所在地 〒349-0112 埼玉県蓮田市川島608-1
アクセス
電話番号(お問い合わせ先) 048-764-2981
FAX番号(お問い合わせ先) 048-764-2982
s01
s02
s03

活動内容

はたらく

w01
w02
w03

地域に中で暮らして通所している仲間たちにとって、「はたらく」ことは生活の中での大切な柱となっています。はたらくことで社会に参加し外から評価されることが自信につながります。
想楽班(そらはん)では、焼き洋菓子(フロランタン・クッキー・マカロン等)・織り・ステンドグラス等の製造販売と地元企業からの下請け作業(ボルト組立・ラベル貼り・シリカゲル包装等)を行っています。
和香班(わこうはん)では、手すき和紙(はがき・名刺など絵手紙本番用として使用されている。)・ 香り袋を中心とした小物 等を製造販売しています。
全体の仕事では、畑・蓮田市体育館(パルシー)植栽作業(現在工事中のために中止)や、協力店(セブンイレブン)、市役所、地域のバザー等での販売も行っています。
創作活動での作品を仕事に結び付ける取り組みもしており、毎年作品展も開催しています。
それぞれの仲間に合わせた主人公になれるそんな時間を大切にしています。

くらし

k01
k02
k03

作業所内では月1回の仲間全体会で施設全体の暮らしの事を仲間たちが司会をして話し合いを行っています。
そこでは、給料や賞与、バザーの事も含めた仕事の事、旅行も含めた暦や季節に合わせた行事、障がい者運動のこと等様々な事を話し合って仲間たちと決めています。
具体的な行事として長期休み前の打上げ会、一泊旅行、七夕、鍋祭り、BBQ会、ボーナスでの買い物等様々な行事で暮らしのメリハリをつけています。
また、ピアノの合唱や演奏、手遊び紙芝居読み聞かせ等いろんな方々がボランティアに来てくださっています。