太陽の里からのお知らせ

一泊旅行に行ってきました


3月15日~16日で、太陽の里の「風のドラゴン」という仕事グループの一泊旅行がありました。行き先は神奈川県・横浜です!職員も含め総勢41名という大所帯での旅行となりました。1日目は八景島シーパ
ラダイスを満喫し、2日目は中華街にて美味しい中華料理に舌鼓を打ちました。2日間を通し、仲間たちはみんな綺麗な景色を見たり、潮の音を聴いたり、動物に肌で触れ、さらに中華街で美味しい物を味わったりと「五感」をフル活用し、楽しんでいたのではないかなと思います。


バレンタインチョコを販売しました

2月と言えばバレンタインデー!ということで、八百屋グループは今年もバレンタインチョコの販売を頑張っています。たくさんの方にご注文いただき、仲間たちはお礼カード書きや納品など、毎日忙しく仕事を行っていました。納品先に出掛けていく仲間たちの表情はとても生き生きとしており、頼もしいです!

また、日曜日の余暇の際にもチョコレート作りを行い、みんなで美味しくいただきました。こうした、ちょっと特別なイベント事は今後も大切にしていきたいなぁ、と感じます。(後援会ニュース2月号 各施設の様子より)

 


みぬまコンサートを楽しみました

1月20日は仲間のみんなが待ちに待った支援コンサートでした。本棟北で生活する仲間達はお昼に出前のピザをとり、普段とは違う雰囲気で食事を楽しんでいました。その後ははいだしょうこさんの映像をスクリーンで流して歌の予習です。「この人誰?」「今日来て歌ってくれる人だよ」とたくさんの歌を聴きながらコンサートに向けて気分が高まっていました。そして会場の大宮ソニックシティへ。楽器の演奏と歌を聴きながら、聴き入る仲間、声をだしたり、手を叩いて喜ぶ仲間、そしてウトウトしたり…それぞれが素敵な時間を過ごせたのではないかと感じました。  (後援会ニュース1月号 各施設の様子より)


クリスマス

12月25日のクリスマス、太陽の里では毎年恒例のクリスマス会を開催しました。

今年はユニットごとに家庭的な雰囲気の中でのクリスマス会となりました。

クリスマスといえばイルミネーション!ということで近くの東武動物公園までイルミネーションを観に行くユニットがあったり、のんびりゆったりホームパーティをするユニットがあったり…。

ユニットごとに特色が表れているな、と感じます。

そして夕食は里が誇るシェフによる豪華なオードブル!そして仲間たちみんながお待ちかねのプレゼント!

美味しい食事を食べて、ケース担当からの想いの詰まったプレゼントをもらい、嬉しそうに笑う仲間たちからたくさんの幸せをもらった一日となりました。


「太陽の里展」開催されました

9月1日(金)~10日(火)の間、工房集にて。POPOグループの仲間の作品、杉浦さん、鈴木さんの作品が展示されました。会期中はたくさんの方が来場され、里の仲間の作品を多くの方に見ていただけたことは、本当に嬉しく思います。

3日にはアーティストトークが開催され、仲間たちが職員と一緒に、自分の作品について紹介をしました。仲間たちはとても誇らしい表情をしており、自分たちの作品がたくさんの人の目に触れ、評価されるということは仲間たちにとってとても大切なことなのだな、と感じました。またこのような機会があると良いな、と感じます。


4月・5月の様子(太陽の里)

新年度になり、太陽の里にも新しい職員が4名入ってきました。仲間たちもウキウキしているようで、「どこから来たの?」「名前は?」と積極的に話しかけたり、少し恥ずかしそうに側に寄り添っている姿があります。
また、4月は桜の季節ということで、仲間たちはお花見やピクニックに出かけたり桜餅を食べたりと、春らしい余暇を満喫しています。そして!来月には『ふれあいのもりまつり』があります。GWはステージで披露するダンスの練習をしたり、横断幕を作る予定です。みんなでおまつりを盛り上げていきたいと思います!

5月14日には、今年も「ふれあいのもりまつり」が開催されました。開催までに、「仲間実行委員会」を何度も開き、まつりのテーマを決めたりステージに張る横断幕や看板を作ったりしました。今回のテーマは『宇宙』です。そのテーマに合わせて今回の横断幕は紺色に染めた布を使用しました。いつもとは違う色が背景になるので、各事業所で使用する絵の具の色に悩んだそうですが、みんなで頭を悩ませながら作った物が当日しっかりとステージを彩ってくれました。
また、当日はみんなが一緒にステージで楽しめる企画として「みんなでダンス」を行ないました。その他にも白岡高校の吹奏楽部や書道部のパフォーマンスがあったり、たくさんの出店も出て、とても盛況のうちにおまつりを終えることができました。ふれあいのもりまつりも今年で6回目となり、すっかり地域に根差したおまつりとなったように思います。ご協力いただいた多くの方に、感謝です!
(太陽の里 星野)


夜勤アルバイト募集のお知らせ

白岡市にある障害者支援施設 太陽の里 では、男性 女性の夜勤アルバイトを募集しています。

週に一回もしくは二回できる方を募集しています。

未経験の方は最初の2回から3回は職員が付き添い丁寧にレクチャーさせていただきます。

詳しくは太陽の里までお問い合わせください!

◯お問い合わせ先  障害者支援施設 太陽の里

埼玉県白岡市小久喜450番地  ☎︎0480ー93ー1101  担当  村上  田中


太陽の里の風景 その1

太陽の里の新棟2階に通じる通路この景色が大好きです!


ふれあいのもり祭り

5月14日(日)白岡市役所横にあるふれあいの森公園で、ふれあいの森祭りが行われました。天気にもめぐまれとても楽し1日となりました。前々日の準備から参加していただいた皆さん、当日お越しいただいた皆さん本当にありがとうございました。そして、ステージを盛り上げていただいた出演者の皆さん本当にありがとうございました。

年々地域のみなさんと作りあげている祭りということを強く感じています。これからも皆さんと一緒に作り上げていきたいと思います!


「大いなる日常」展の見学に行きました

ご報告が遅くなりましたが、
2/18~3/20まで滋賀県のボーダレスアートミュージアムNO-MAで開催された展覧会「大いなる日常」に、
出展者の杉浦篤さんと見学に行ってきました!
会場内では、杉浦さんがいつも大切にしている写真が展示されている様子をご家族と一緒にじっくりと見られていました。
本展は7名の作家による展覧会で、広報物のチラシやポスター、展覧会図録にも杉浦さんの写真がメイン画像で起用されました。
素敵な展覧会にお声かけいただき、ありがとうございます。
杉浦篤さんのアーティストページはこちらをご覧ください。
http://kobo-syu.com/artists/%E6%9D%89%E6%B5%A6%E7%AF%A4/
展覧会についていはこちらをご覧ください。http://www.no-ma.jp/the_great_ordinary

展覧会図録
展覧会チラシ